忍者ブログ 中古マンション

DATE : 2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/01/22 (Tue)
中古物件価格の7割安で手に入れられる中古マンションがあることをご存知ですか?
そんな破格な物件、なにか欠陥があるんじゃないの?とお思いの方。
そうです。欠陥ではないですが、問題ありの物件です。
それが「競売物件」です。

そもそも競売物件とはどんなときに発生するのでしょう?
マンションでも一戸建てでも、家を買うときは大抵住宅ローンを組みます。
住宅ローンの契約後、何らかの理由で返済が出来なくなってしまったときに、債権者である金融機関がローンの担保となっている家を負債回収のために差し押さえるのです。
その差し押さえられた家が競売物件です。 


なんとなく問題が多そうで、暗い影が漂っている感じは否めませんね。
でも、「市場に出回っている中古物件の7割程度は競売物件だ」といっている専門家もいるくらい中古物件の中には競売物件が多く含まれているのです。
これは少しオドロキですね。

競売に出された物件の魅力は、なんといってもその価格が格安であること。
中古マンション価格より3割以上お値打ちなんですから、かなりお値打ちです。
ただ、格安なぶん、通常の中古マンション購入にはないデメリットもいくつかあります。

・物件の占有者がまだ居住している場合、建物内部を見ることができない。
・落札後入居者が退去に応じない場合、手続きに手間と費用がかかることがある。
・稀に住宅ローンを組めない場合もあるので、事前に金融機関と充分な打ち合わせが必要。
などです。

この競売物件は、不動産業者だけではなく、素人でも入札に参加できます。
物件探しから落札、落札後の手続きまですべて自分で行えば仲介手数料も不要になります。
でも、手続きや段取りに相当の手間がかかる可能性があることや、落札するためのテクニック的なことなどを考えると仲介業者を通したほうがよさそうです。
競売で中古マンションを、と考えていらっしゃる方は、一度、競売物件の相談にも乗ってくれる仲介業者をあたってみて下さい。
PR
HOME
忍者ブログ [PR]
新着コンテンツ