忍者ブログ 中古マンション
[23] [24] [26] [20] [21] [17] [25] [16] [15] [13] [14]

DATE : 2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/02/22 (Fri)
中古マンションの魅力は何といっても価格が新築マンションに比べて安いことです。
中古マンションの価格は新築マンションに比べて平均で半値くらいになります。
では、中古マンションの価格はどのように決まるのでしょうか?

築年数や立地条件などさまざまですが、他にも細かいプラスのポイントとマイナスのポイントで価格が左右します。

まず立地条件ですが、ポイントは都心に近いかどうか、最寄り駅に近いかどうか、交通機関の便は多いかどうか、周辺環境が良いかどうかなどです。
都心に近くなれば高くなるのは当たり前ですが、人気のエリアや人気の路線の沿線ですと、高くなります。
(東京で言うと、京王線、田園都市線、小田急. 京王線辺りです)
物件は駅から近い方が単純に高くなりますが、周辺環境が悪いと安くなります。
少し離れた閑静な住宅地にある物件の方が高くなることもあります。また、近くにショッピングセンターや娯楽施設があると高くなります。 


窓からの眺めがよいと、プラスポイントになります。
富士山が見えるところでは、かなりのプラスポイントになるようです。
周りに高層マンションがたくさんあると、マイナスポイントになります。

また日当たりが良ければ当然高くなります。
南に向いていても、日陰が多ければマイナスになります。
マンションの向きでは、南向きが100とすれば、東西の向きですとマイナス5%で、北向きですとマイナス10%になります。

外観がお洒落だったり、共用部分の施設が充実している場合も高くなる要素となります。
しかし、外観がお洒落でも構造上に問題があるかもしれませんので、見た目にとらわれず注意しましょう。

築年数は、古ければ当然安くなりますが、管理が行き届いていればプラスのポイントとなります。

中古マンションは市場価格で決められていますので、価格が大きく変わることはありません。
しかし、仲介業者によって高めに設定されている場合がありますので、価格だけで中古マンションの善し悪しをみてはいけません。
同じ条件の他の中古マンションと価格を照らし合わせてみると良いでしょう。
また、売り主が急いでいる場合は、値段を下げてでも売ってしまおうとしている場合があります。
そのような物件はお買い得といえるでしょう。
PR
忍者ブログ [PR]
新着コンテンツ