忍者ブログ 中古マンション
[4] [18] [19] [22] [23] [24] [26] [20] [21] [17] [25]

DATE : 2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/03/05 (Wed)
「現地内覧」は自分の目で目的の中古マンションを確かめる重要な作業です。
購入を決定づける最大の要因でもあるでしょう。
中古マンションのメリットとして、全ての物件が現地の内覧、外覧問わず、自分の目で確認できることです。
品質や周辺環境を実際に見ることによって、自分が居住したときのことをシュミレーションすることができます。
内覧ができる中古マンションに関しては、メジャーや方位磁石などを持参して、測定することも必要です。

ここで、中古マンションを購入される方に質問ですが、「現地内覧」は一日のうちのどの時間帯に行きますか? 


朝、昼、夕、晩のいずれかですが、実は一つの時間帯だけでは不十分なのです。
最低でも、昼と夕の2つの時間帯には現地を訪れて、日照の具合を確認しましょう。
また、季節にもよりますが、夏場と冬場の日照について2つの時間帯を訪れることにより、おおよその予測ができます。
可能であれば、晴れの日と雨の日の2日に分けての内覧も理想的です。
雨の日は周辺の雨水の流れを観察することが出来、平地だと思っていた所が傾斜していたり、すぐに水が溜まる場所が近くにないかがわかります。

さらに、その地域の役所へ行くと、ハザードマップを作成している自治体では無料で配布しているので、入手するのもいいでしょう。
中古マンションの現地内覧を繰り返すことによって、室内に家具や調度品を置いたときの様子がだんだん頭の中でシュミレーションすることが出来るようになってきます。
こうなると、購入するということが自分にとって現実のものと感じてきますね。
PR
忍者ブログ [PR]
新着コンテンツ