忍者ブログ 中古マンション
[20] [21] [17] [25] [16] [15] [13] [14] [12] [11] [10]

DATE : 2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/02/14 (Thu)
インターネットなどで中古マンション物件を検索するときは、希望条件で絞り込んでいきます。
その中から、いくつか現地見学に行って、いちばん希望に適っている物件に決めることになります。
希望通りの物件がすんなり見つかれば良いのですが、実際に足を運んでもなかなか気に入った物件がないときは、希望条件を見直して再度検索しなければなりません。

購入する中古マンションの希望条件は、あまり厳しすぎるとヒットする数も少なくなってしまい選べなくなります。
そんなと時には、少し条件を妥協しただけで良い中古マンションが見つかるかもしれません。
もちろん、妥協しすぎてもいけません。
住んでみてから後悔しても後の祭りです。
特に、広さや間取りを妥協しすぎてしまうと、家族の生活に支障が出ることがあります。
広さや間取りは、これから家族が増える予定があるのかどうか、育児や介護の予定があるかなどの将来のライフプランに合わせて決めましょう。

希望条件の妥協点としては、立地条件を妥協する方も多いでしょう。
住むエリアを希望以外の所に広げてみるのも、視野が広くなって良い中古マンションに出会えるチャンスが多くなります。
また、最寄り駅からは、徒歩圏内だけでなく、バス通勤圏内も視野に入れてみましょう。
駅から少し遠くなりますが、価格がだいぶ安くなるはずです。
広さももっと広くなり、選択肢が増えます。

ご家族の中にお子さんがいる場合は、学校への通学が近いか遠いか、安全かどうかということも考えなければなりません。
周辺にお子さんに有害な施設があるかどうかは、実際に行ってみなければ分かりませんのでチェックしましょう。
また、マンションの周辺に、生活するのに必要なものが買える店がどのくらいあるかも重要です。
まったくないということでは、住み始めてから不便な思いをするので、あまり妥協しない方が良いかもしれません。

共働きで、日中あまり自宅にいないということであれば、日当たりやマンションの向きを妥協しても良いでしょう。
日当たりや向きの違いで、中古マンションの価格はだいぶ変わってきます。
また、階によってもだいぶ価格が変わるので、階を妥協して下の部屋にすることも一つの方法です。
PR
忍者ブログ [PR]
新着コンテンツ